あなたのその悩み美容整形で解決できます。

もう悩まない!目立ついぼを切除してコンプレックスから解放されよう

ビキニの人

除去方法について考える

いぼの除去にはレーザーによる切除、液体窒素で焼き切る方法、内服薬による治療などがあります。どれもメリット・デメリットが存在し、いぼの形状や種類によっては思うような効果が得られないことがあるため、医師とよく相談の上方法を選びましょう。

View Detail

カウンセリング

種類によって対処が違う

いぼの悩みを解決するには、専門の医療機関でいぼの種類などを診断してもらうことが大切です。治療は局所麻酔をして切除するだけなので、簡単にできます。ただし術後の患部に対する対処は、医師などのいうことを聞きしっかりとケアすることが必要です。

View Detail

医者

ぶつぶつのない肌になろう

美容外科でのいぼの切除はメスを使うことなく、レーザーで治療が行われ、短時間でほとんど痛みがなく切除することができます。施術後のかさぶたが自然にはがれるのを待つと、綺麗でなめらかな、いぼのない肌を手に入れることが可能です。

View Detail

看護師

悪性腫瘍の可能性がある

美容外科でのいぼの切除には、保険が適用されることがあるので自己負担額は3割ほどしかかからず、とても経済的です。また、いぼには悪性腫瘍に発展する可能性のあるものと、放置していても問題ないものがありますが、その判断は医師しかできません。

View Detail

種類および治療法

カウンセリング

治療法を説明しています

多くの女性が外見で悩みを抱えてしまういぼにはウイルス性のものや加齢、また紫外線によるものや肥満などが原因として挙げられます。ウイルス性のものとは名前の通り、ウイルスに感染してできたいぼです。人への感染が心配されることから、早期に治療を行うことが大切です。主に顔や手の甲に見られる場合は、肌色で平らな表面形状をした扁平のものがあります。傷からウイルスに感染して広がることもありますが、自然に治ることもあります。また、主に手や足に見られる場合は、硬く膨らんだ形状をした尋常性のものがあります。足の裏にある場合は、魚の目やタコなどと間違えやすいです。傷からウイルスに感染して大きくなることがあります。加齢によるものは、脂漏性角化症(老人性疣贅)と呼ばれ、主に顔や体、手の甲などに見られます。大きさは1cm未満であり、表皮細胞が異常に増殖して盛り上がったためにできます。色は、こげ茶や黒っぽい色です。紫外線によるものは、主に首にできる小さいいぼです。紫外線によってメラニン色素が過剰に増えて色素斑ができ、それが膨隆していぼになったものです。肥満によるものは、脇などの柔らかい皮膚にできます。新陳代謝の低下やメラニン色素の停滞、たるんだ皮膚の摩擦刺激や老廃物の蓄積などが原因とされています。次に、いぼの切除に際しての、具体的な治療法について説明します。まず最初は、レーザー治療です。炭酸ガスレーザーやYAGレーザーなどを照射することにより、切除を行います。全体をくり抜くことができることにより、傷跡が残りにくいという特徴があります。1回で治療が終わらずに、3ヶ月〜半年程度の時間が必要です。痛みや出血が少なく、患者の負担が少ないことも特徴です。症状に応じた最適のレーザーを使用することがポイントです。次に、冷凍凝固法(液体窒素)について説明します。これは、従来から行われている方法で、マイナス196℃という液体窒素による低温を利用して、組織を低温火傷によって破壊して切除を行います。人によっては痛みを強く感じる場合があります。また、皮膚の深いところまでいぼが根を張っている場合には、根に到達するまで数回にわたって施術が必要となります。数ヶ月〜半年の時間を要します。保険が適用される場合があり、その場合には費用を安く抑えることができるでしょう。電気凝固療法とは、電気メスが発する熱を利用していぼを削り取って切除するという方法です。局所麻酔をした上で施術を行うために、痛みを感じることはありません。出血を少なく抑えることができます。レーザー治療と比較した場合、傷跡が残りやすいとされています。その代わりと言っては何ですが、冷凍凝固法の場合と同様に、保険が適用されれば費用を安く抑えることができます。その他、内服薬を服用したり、塗り薬を塗ったりする治療が行われることもあります。