女性

もう悩まない!目立ついぼを切除してコンプレックスから解放されよう

除去方法について考える

ビキニの人

レーザーを用いる方法

いぼは、悪性のものはもちろんのこと、身体への害がない良性のものであっても気になりますし、できれば除去してしまいたいと考える方も多いことでしょう。いぼを除去する方法はいくつかあります。病院での治療の他、市販薬で治療を行う方法、民間療法などがあります。市販薬や民間療法を用いた治療の場合、いぼの形状などによってはあまり効果を感じられないことも少なくありません。そのため、専門の皮膚科や美容外科での治療を選ぶ方も多いのです。病院でのいぼの除去方法には「レーザー」「液体窒素」「内服薬」の3種類があります。どの方法を選ぶかは、医師とよく相談した上で決定したほうがよいでしょう。数ある除去方法の中でも、レーザーを使用しくりぬく方法が最も一般的ではないでしょうか。患部の状態に合わせて最適な出力のレーザーを使用し、できる限り肌への負担が少なくなるように治療を進めます。また、レーザー切除では出血も少なく、痛みも感じにくいことが特徴です。ピンポイントでの除去手術ですから傷跡が残りにくいことも大きな特徴です。治療期間はいぼの大きさや種類、個数によって異なりますが、3カ月〜半年程度であることが多いようです。しかし、いぼの切除にかかる費用は病院によってかなり格差があるため、医師と必要な方法をよく話し合い、きちんと納得をしたうえで治療を受けることをお勧めします。レーザーによるいぼ切除のメリットとして、傷跡が残りにくいことや再発しにくいことが挙げられます。昔から存在する治療法として、液体窒素による切除という方法もあります。液体窒素で綿棒の先端を凍らせ、いぼに押し付け、低温やけどを起こして焼き切るという方法です。人によっては痛みを感じることも多い方法です。なお、処置後は傷口からのウイルス感染を防ぐための処置が必要です。また、一度の治療で除去できるのは皮膚の表面だけです。いぼの原因菌が皮膚に深く根を張っていることも多いため、複数回の治療を繰り返す必要もあります。ただし、この治療法は保険がきくケースも多々見られます。そのため、比較的安価に行うことが可能である点がメリットとして挙げられます。また、内服薬による除去も可能です。切除する場合と異なり、完治まではかなり長い期間がかかりますが、治療に一切痛みを伴わないことが最大のメリットであるといえるでしょう。ただし、形状や種類により効果が出にくい場合もあります。医師の診察を受けた上で処方を受けることをお勧めします。